54722: Acronis Cyber Backup: リカバリに関する問題のトラブルシューティング

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Operating Systems: 

    リカバリ中のエラーの原因は様々です。この記事において、エラーの原因を見つけ出して、問題を解決する方法を紹介しています。

    異なるハードウェアへリカバリする場合は、リカバリ元とリカバリ先のディスクが同じ論理セクタサイズであることを確認してください。詳細については、Advanced Format(4K セクタ)ハード ディスクのサポートを参照してください。 

    前提条件

    リカバリ中、問題が発生した場合、まずは必ずアーカイブをベリファイしてください。ベリファイのとき、アーカイブに何か問題が見つかった場合、この記事の説明に従ってください。

    異なるハードウェアへリカバリする場合は、リカバリ元とリカバリ先のディスクが同じ論理セクタサイズであることを確認してください。詳細については、Advanced Format(4K セクタ)ハード ディスクのサポートを参照してください。 

    一般的なソリューション

    発生したエラーがリカバリ中のアーカイブへのアクセスに関連している場合、回避方法の一つは、他の場所へバックアップをエクスポートすることです。なるべくローカルな場所にエクスポートしてください。

    Linuxファイルシステムをリカバリする場合、使用するブータブルメディアが [Linux形式のボリューム表記] に設定されたことを確認してください。

    上記以外の場合、リカバリするもののタイプによって以下のどれかを選んで、その指示に従ってください:

    • ファイル: ファイルレベルのリカバリのときに問題が起きた場合、「ファイル」のステップを実行してください。
    • パーティション: ディスクまたはパーティションのリカバリのときに問題が起きた場合、「パーティション」を選んでください。

    ファイル

    考えられるソリューション:

    以前にそうしなかった場合、必ずAcronis製品の最新ビルドが使用されるブータブルメディアからも、OS内からもリカバリしてみてください。リカバリ方法も両方(コンソールの使用、アーカイブにダブルクリック)を試してください。そうすると、特定のコンポーネントにコンフリクトが起きなかったかどうか確認できます。また、トラブルシューティングする際にも、この情報が役に立ちます。 

    それでもリカバリに失敗する場合、以下の診断情報を収集し、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください:

    • データのバックアップに使用されたバックアップ計画の設定のリスト;
    • バックアップされたファイルに関する具体的な情報;
    • リカバリ過程の説明(ステップバイステップ);
    • リカバリに使用されたターゲットディスクやパスに関する詳細な情報;
    • リカバリ方法による違い。上記の様々な方法を使用すると、リカバリの様子はどうなりますか。使用した方法によって違いがありませんか; 
    • リカバリの操作ログ; 
    • ブータブルメディアのシステムレポート。リカバリ後、コンピュータを再起動させずに、すぐにシステムレポートを収集してください:
           Acronis Cyber Backup 12.5 および 12
           Acronis Cyber Backup 11.7 および 11.5

    パーティション

    考えられるソリューション:

    「一般的なソリューション」に記載された最初の二つのポイントを確認してください。

    自動マッピングを使ってLVMボリュームをリカバリしようとする際、必ずこの記事の説明を参照してください。

    Acronisブータブルメディアの最新ビルドを使用するように注意してください。

    Acronisブータブルメディアからリカバリしているとき、リカバリの途中でメディアが急に再起動する場合、それはクラッシュです。クラッシュのトラブルシューティングについては、この記事をご参照ください。 

    Universal Restoreに関連するエラーが発生した場合、リカバリタスクが正しく構成されているか、また、新しいハードウェア用のドライバが追加されているか、確認してください。詳細については、Acronis Cyber Backup: Universal Restoreを使用した異なるハードウェアへの復元をご参照ください。

    上記のステップを実行しても、問題が解決されなかった場合、以下の診断情報を収集し、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください:

    • Issue description, note when it happens;
    • Log of the recovery operation from the Bootable Media (save logs after the operation has finished but before rebooting the machine)
    • System Report from bootable media after restore (again, without rebooting the machine after restore):
           Acronis Cyber Backup 12.5 and 12
           Acronis Cyber Backup 11.7 and 11.5
    • System Report from the restored system if possible:
           Acronis Cyber Backup 12.5 and 12
           Acronis Cyber Backup 11.7 and 11.5
    • データのバックアップに使用されたバックアップ計画の設定のリスト;
    • バックアップされた元の物理的なディスク及びターゲットディスクの構成についての情報;
    • リカバリ過程の説明(ステップバイステップ);
    • 問題の説明(問題が発生したタイミングも示してください);
    • ブータブルメディアから収集するリカバリの操作ログ。リカバリ後、コンピュータを再起動させずに、すぐにログを収集してください;
    • ブータブルメディアのシステムレポート。上記の操作ログと同じように、リカバリ後、コンピュータを再起動させずに、すぐにシステムレポートを収集してください:
           Acronis Cyber Backup 12.5 および 12
           Acronis Cyber Backup 11.7 および 11.5
    • 可能であれば、復元されたシステムのシステムレポート:
          Acronis Cyber Backup 12.5 および 12
          Acronis Cyber Backup 11.7 および 11.5

    タグ: