54717: Acronis Backup: メール通知に関する問題のトラブルシューティング

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

    メール通知に関する問題を解決するために、以下の手順に従ってください:

    1. メール通知の技術については、説明 で確認します。
    2. 既知の問題 で、既に知られている問題かどうか調べます。
    3. 問題のトラブルシューティングを行い、解決するために、トラブルシューティング の説明に従います。

    メール通知について

    メール通知は、様々な情報(操作結果、対話、警告など)を電子メールに送信するために使われます: 

    • 操作結果: バックアップの成功・失敗など 
    • 対話: 操作中、ユーザーとの対話が必要になる場合
    • 警告

    詳細については、以下の記事をご参照ください:

    Acronis Backup: 電子メールの通知の設定

    Web ヘルプ: メール通知の設定

    既知の問題

    問題 SER コード ステータス
    SMTPサーバーがDATAコマンドをサポートしない場合、メール通知に失敗します 0x014F0020+0x014F0015 0x014F0015 DATAコマンドがサポートされるようにサーバーの設定を行ってください。
    SMTPサーバーがTLS暗号化を使用する場合、メール通知に失敗します 0x014F0020+0x014F000E ビルド37975で修正されました。その以降のビルドを使ってください。
    ユーザーが手動でタスクをキャンセルした場合、メール通知が送信されません   トラブルではありません。製品の設計です。
    Acronis Backup 12.5 および 12: 電子メールサーバーとしてGmailを設定する方法  

    安全性の低いアプリによるアクセスを許可してください。

    トラブルシューティング

    問題をトラブルシュートするために、以下のステップバイステップ説明に従ってください。エラーのトラブルシューティングに進む前に、前提条件を確認する必要があります。

    1. 前提条件

    メールサーバーの設定をチェックしてください。SMTP以外のプロトコルは、Acronisのメール通知にサポートされません。また、Exchangeサーバーに接続しようとする場合、そのサーバーが正しく構成されていることを確認してください。そのために、Exchangeサーバーのメール通知の構成をご参照ください。Exchange 2010または2013の場合、Exchange 2007用のソリューションが使用できます。

    上記の条件を満たしても、問題が解決されなかった場合、エラートラブルシューティングへ移動してください。

    2. エラーのトラブルシューティング

    情報収集へ進む前に、以下のステップをすべて実行してください:

    2.1 テストのメール通知は正常に送信されますが、バックアップに関する一般的なメール通知は送信されません

    テスト通知はAcronis管理サーバーから、バックアップに関する通常のメール通知は管理されているコンピュータにインストールされたAcronisエージェントから送信される場合が多いです。管理サーバーで、[エージェントのインストールされているコンピュータ] に移動し、メール通知の送信に失敗したエージェントに直接に接続してください。それから、[オプション] -> [コンピュータ オプション] をクリックし、[メール通知の設定] メニューからテストメールを送信してください。その送信にも失敗するはずです。トラブルシューティングの次のステップへ進んでください。 

    2.2 ウイルス対策ソフトウェア

    使用するコンピュータにセキュリティ ソフトウェア(ファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェアなど)がインストールされている場合、そのソフトウェアの信頼済みアプリケーションのリストにAcronisのプロセスが加入されていることを確認してください:

    Acronis ソフトウェア: Acronis 製品にウイルス対策ソフトウェアとの互換性を持たせる方法
    Acronis Software: Making Acronis Products Compatible with Third-Party Firewall Software
    Acronisのプロセスの完全なリストは、Acronis Backup 11.7/11.5: Windows のサービスおよびプロセス をご参照ください。

    2.3 サーバー用のポートおよび暗号化設定を確認します

    SMTPサーバー用に正しいポートを使用してください:

    1. セキュアでない接続の一般的なポート: 25
    2. SSL: 465
    3. TLS: 587

    SMTPサーバーにアクセスする前にPOP3サーバーへのログインが要求される場合、POP3サーバーのポートも確認してください: 

    1. セキュアでない接続の典型的なポート: 110
    2. TLS/SSL: 995

    サーバーがどのポートに対応しているのか、また、暗号化についてはっきり分からない場合、telnet(テルネット)を使ってチェックできます。電子メール クライアントにメールが正常に送信されるコンピュータで、telnetを使ってポートについて確認してください。telnetが特定のポートで成功している場合、そのポートがサーバーにサポートされていることが分かります。そのポートに上記で記載されている暗号化を設定してください。例えば、SMTPサーバーがポート465に対応することが分かった場合、メール送信の暗号化をSSLに設定します。

    また、特定の設定が正しいかどうかチェックするために、telnetを通じて手動でメールを送信することもできます。

    2.4 ファイアウォールとネットワークをチェックします

    管理サーバーからのテストのメール通知が正常に送信されるがエージェントのコンピュータからは送信されない場合は、これは最も一般的な原因です。ファイアウォールには、特定のコンピュータがSMTPサーバーにアクセスすることを防ぐ特別のルールがある場合があります。この場合、エージェントからポートへのアクセスが可能かどうかチェックするために、telnetを使用してください。どのポートをチェックするかについては、この記事の2.3をご参照ください。 

    2.5 SMTP サーバーの設定が間違っていないかチェックします

    SMTPサーバーの設定が正しいことを確認してください。SMTPサービスプロバイダ(Gmailなど)を利用する場合、そのサポートページをご参照ください。例えば、Gmailの場合、メールクライアントの設定というページになります。自分のSMTPサーバーを利用する場合、サポートページを参照しながらその構成を確認してください。 

    サーバーに要求される場合以外、ABR 暗号化をオンにしないでください。

    また、サーバーに要求される場合以外、 POP ビフォー SMTP (SMTPサーバーへアクセスする前にPOP サーバーへのログイン)も有効にしないでください。

    上記のステップをすべて実行しても、問題が解決しなかった場合、以下の情報を収集し、Acronisカスタマーセンターへお問い合わせください。

    3. 情報収集

    Acronisカスタマーセンターへお問い合わせする際、この情報を提供してください:

    3.1 エラーメッセージ

    問題の説明を提供してください。それから、完全なエラーメッセージ、あるいは、バックアップ計画のログも必要です。バックアップ計画のログを取得するために、計画を右クリックし、[ログ]->[イベント]->[ファイルへ保存]に移動してください。

    また、Gmail アカウント操作の結果も提供してください。

     

    3.2 通知設定のスクリーンショット

    Acronis Backup の通知設定のスクリーンショット(詳細パラメータも含む)を撮ってください。

    3.3 Wireshark ログ

    問題を再現させ、テストメールを送信するコンピュータから、メール通知の送信失敗のときWiresharkログを収集してください。

    3.4 動作している telnet のスクリーンショット

    問題が発生したコンピュータから使用するポートのSMTPサーバーに接続しているTelnetのスクリーンショットを提供してください。

    3.5 システムレポート

    問題が発生したコンピュータのシステムレポートが必要です。システムレポートを収集する方法については、Acronis Backup 11.5: システムレポートの生成をご参照ください。何かの理由でこの収集方法に失敗した場合、AcronisInfo ユーティリティを使用してください。

    集中管理用のバックアップ計画を使用した場合、管理サーバーのシステムレポートも必要になります。

     

    タグ: