49874: Acronis Snap Deploy 5 の新機能

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 月, 2019-08-12 08:35

  • ネットワーク上の複数のコンピュータに(Acronis Snap Deploy 4 と比較して)最大 5 倍の速さで配置できる、最新のマルチキャスト プロトコル。
  • Update 1 を含む Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 をサポート。
  • Microsoft Surface Pro タブレットのスタンドアロン配置をサポート。
  • Acronis Backup 11.5 で作成されたバックアップとの互換性。
  • UEFI コンピュータへの Linux の配置(BIOS ↔ UEFI 間の移行なし)。
  • Acronis Universal Deploy 機能が、Acronis Snap Deploy 5 のすべてのライセンスに含まれるようになりました。
  • Acronis Universal Deploy 機能が、Linux でも利用できるようになりました。
  • Linux ベース ブータブル メディア内の新しい Linux カーネル バージョン(3.11.6)。新しいカーネルにより、ハードウェア サポートが向上します。
  • (Update 1) Windows を実行しているコンピュータへの配置が、オンライン中でも開始できるようになりました。
  • (Update 1) Acronis Snap Deploy 5 管理エージェントを配置済みのシステムにインストールするオプションが追加されました。
  • (Update 1) 配置後のアクションとして「何もしない」オプションを追加:配置されたシステムはAcronis OS Deploy Serverに接続されたままになるため、1つ以上のディスクをターゲットシステムに配置する必要がある場合に有効です。
  • (Update 1) Acronis PXE サーバーで UEFI 起動がサポートされるようになりました。
  • (Update 1) 32ビット UEFI システム を実行しているコンピュータ(タブレット) がサポートされるようになりました。
  • (Update 1) 自動的にユニキャストの配置にフェールバックするオプションが廃止されました。
  • (Update 2) Windows 10のサポート
  • (Update 2) 64ビットのWinPEベースのブータブルメディアの作成がサポートされるようになりました。
  • (Update 2) WinPE 6.0 のサポート。
  • (Update 3) Windows Server 2016のサポート。
  • (Update 3) セキュアブートを有効にしたシステムのイメージングと配置のサポート。
  • (Update 3) Acronis Snap Deploy 5の全コンポーネントのWindows 10との完全な互換性。
  • (Update 3) Acronis Backup 11.7 で作成されたバックアップとの互換性。
  • (Update 4) 特定のコンピュータの配置設定のエクスポートおよびインポート。
  • (Update 4) Windows 10(バージョン1703、1803、1809)の Assessment and Deployment Kit (ADK) のサポート。
  • (Update 4) Acronis Snap Deploy 5 スタンドアロン ユーティリティを WinPE ベースのブータブルメディアに含めることができるようになりました。
  • (Update 4) Acronis Snap Deploy 5 コマンドライン ユーティリティ(asdcmd)の deploy というコマンドにおいて、/resize パラメータのサポート。このパラメータは、配置テンプレートの [ディスク領域の使用] という設定と同じ機能を果たします。
  • (Update 5) セクタ単位のイメージングモード。
  • (Update 5) Windows 10 バージョン 1903 向けアセスメント & デプロイメントキット(ADK)のサポート。
  • (Update 5) Windows Server 2019 のサポート

タグ: