49844: Acronis製品におけるソリッドステートドライブ(SSD)対応

現在のAcronis製品はすべて、ソリッドステートドライブ(SSD)に完全対応しています。

説明

以下のAcronis製品はソリッドステートドライブ(SSD)に完全対応しています: 

  • Acronis Backup 12.5
  • Acronis Backup 12
  • Acronis Backup (Advanced) 11.7
  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery) 11.5
  • Acronis Backup & Recovery 11
  • Acronis True Image Home 2011
  • Acronis True Image Home 2012
  • True Image 2013 by Acronis
  • Acronis True Image 2014
  • Acronis True Image 2015
  • Acronis True Image 2016
  • Acronis True Image 2017
  • Acronis True Image 2018
  • Acronis True Image 2019
  • Acronis True Image 2020
  • Acronis Disk Director 12
  • Acronis Disk Director 11
  • Acronis Snap Deploy 4
  • Acronis Snap Deploy 5

Acronis製品はドライブがソリッドステートか、メカニカル(機械式)か識別し、適切に扱います。

典型的な例:

  • ディスクイメージをSSDディスクに復元、または、複製する場合、復元・複製されたプライマリパーティションがデフォルトの開始オフセット1024KB(2048論理セクタ)に併せられます。
  • パーティションバックアップを分割されていない(割り当てられていない)空なターゲットSSDディスクに復元する場合、ターゲットディスクは自動的に1024KB(2048論理セクタ)に設定されます。
  • パーティションパーティションバックアップを分割されているターゲットSSDディスクに復元する場合、ターゲットディスクのデフォルトオフセットが復元以前と同じです。ほとんどの場合、SSDディスクのデフォルトオフセット、つまり、1024KB(2048論理セクタ)になります。

64KBの倍数(一般的に、1024KB(2048論理セクタ))はお勧めのSSDディスクのオフセットです。

追加情報

ほかのAcronis製品は、ソリッドステートドライブ(SSD)にある制約の下で対応しています。

  • SSDを使用して、通常のハードディスクドライブと同様に操作できます 
  • Acronisの従来品に、ドライブがソリッドステートか、メカニカル(機械式)か識別し、SSDにデフォルト(最適な)オフセットを設定する機能がありません。つまり、SSDドライブにイメージを復元する場合、イメージの作成された位置のオフセットは64kb (または、64kbの倍数) の最適なオフセットであっても、復元後、その代わりに、63セクタオフセットになります。その結果として、復元後、SSDドライバのモデルによってパフォーマンスが低下する可能性があります。 

タグ: