49688: AcronisBackup&Recovery 10 Agent for ESX/ESXi Virtual Appliance のログ収集

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Last update: 木, 2014-11-20 14:27

AcronisBackup&Recovery 10 エージェントforESX/ESXiVirtualApplianceのログをネットワーク共有に保存する方法

この記事の対象製品:

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition
  • Acronis Backup & Recovery 11 Virtual Edition

AcronisBackupAdvanced 11.5 (AcronisBackup&Recovery 11.5 Advanced)で製品インターフェースを使用してログを収集できます。詳細は Acronis Backup 11.5:  システムレポートの生成

概要

Virtual Applianceに関するトラブルを解決するため、Acronis Agent for ESX/ESXi Virtual Applianceのログを収集することをお勧めします。

ソリューション

  1. Acronis Backup & Recoveryの管理コンソールを使って、Virtual Applianceに接続します。そのために、「接続」 -> 「リモートコンピュータの管理」へ移動してください。

    直接Virtual Applianceに接続したことを確認するために、以下の手順に従ってください:

    • VMware VSphere client を使用してESXサーバーーに接続します。 サーバーーのリストでAcronis Virtual Applianceを選択します。
    • eth0の下のIPアドレスに注意してください。

    • Acronis Backup & Recovery 10の管理コンソールを起動し、「リモートコンピュータの管理」を押します。Virtual Applianceでeth0の下にあったIPアドレス、また、Virtual Applianceをアクセスするログイン情報を記入します。

        

  2. コンピュータ名はlocalhost-VAと表示されていることをご確認ください。「ヘルプ」 > 「<コンピュータ名>からシステム情報を収集する」 を選択してください。

  • または、「ログ」 >「すべてをファイルに保存」という方法も使えます。

製品インターフェースを使用してESX Applianceのログを収集している時、何かトラブルが発生した場合、代替方法を使ってみてください:


 

追加情報

Acronis Agent for ESX/ESXi Virtual Applianceのトラブルが発生した場合、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください。この際、この記事を参照したことを伝え、収集したログを付けてください。

関連項目

タグ: