49682: Acronis Backup: "Itzam" フォルダー

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

このフォルダーは、ファイルやフォルダーのツリーに関する情報を含む、一時的なデータベースを保管する機能を果たします。

この記事の対象製品:

  • Acronis Backup 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)
  • Acronis Backup & Recovery 11
  • Acronis Backup & Recovery 10

説明

AcronisAgentforWindowsがインストールされた時、以下の位置に"Itzam"フォルダーが作成されます。

  • Windows XP/2003: C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis\Temp\
  • Windows Vista/7/2008: C:\ProgramData\Acronis\Temp\

このフォルダーの機能は、ファイル・レベル操作の間、ファイルやフォルダーのツリーに関する情報を含む、一時的なデータベースを保管することです。このデータベースは、.dat~フォーマットのファイルに保管され、それぞれのデータに適切で迅速なアクセスを確保します。

ファイル・レベルのバックアップが行われている間、"Itzam"フォルダーは、バックアップされたファイルやフォルダーのツリーについて一時的な情報を保管しています。バックアップが成功した時、一時的なデータが"Itzam"フォルダーから削除され、バックアップ自体の中に移ります。

ファイル・レベルの復元が行われている間、バックアップ・アーカイブ内に、復元の対象として選択されたデータが検索されています。このデータに基づいて、"Itzam"フォルダーのdat~ファイルとして存在する一時的なデータベースに、それぞれのファイル・フォルダーのツリーが作成されます。その後、このデータベースは、復元プロセスのために使用されます。作業が完了した時、"Itzam"フォルダー内の一時的なデータが削除されます。

場合によって、"Itzam"フォルダーのサイズが大きくなることがあります。データベースのサイズがファイルのサイズではなく、ファイル数によります。例えば、100万個のファイルのバックアップが、"Itzam"フォルダーのデータベースファイルをおよそ1GBにします。"Itzam"の一時的なデータベースのサイズを減少するために、ファイル・バックアップを小さくすること、または、ディスク・パーティションのバックアップに切り替えることをお勧めします。

(!)"Itzam"フォルダーの位置を変えることができません。

追加情報

以下のページもご参照ください:

タグ: