48914: Acronis Backup Advanced for vCloud:RabbitMQ サーバーのインストールおよび構成

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

エージェント for vCloud は、RabbitMQ AMQP ブローカーを介して vCloud Director からイベントを取得します

この記事は以下に適用されます。

  • Acronis Backup Advanced for vCloud

概要

エージェント for vCloud は、RabbitMQ AMQP ブローカーを介して vCloud Director からイベントを取得します。

vCloud Directorが既に RabbitMQ AMQP ブローカーを使用している場合は、エクスチェンジの種類が [topic] (トピック)に設定されていることを確認します。

RabbitMQ AMQP ブローカーがインストールされているが、vCloud Director で使用されていない場合は、ステップ 5 にスキップしてください。

解決策

  1. RabbitMQ サーバーを http://www.rabbitmq.com/download.html からダウンロードします。
  2. Windows を実行しているコンピュータに RabbitMQ サーバーをインストールする場合は、http://www.erlang.org/download.html から入手できる Erlang Windows バイナリ ファイルをダウンロードして実行します。
  3. RabbitMQ のインストール指示に従って、任意の適当なホストに RabbitMQ をインストールします。このホストは、vCloud Director にネットワークでアクセスできる必要があります。
  4. RabbitMQ サーバーを構成できるように、RabbitMQ 管理プラグインが必要です。RabbitMQ ホストのオペレーティング システムに応じて、次のいずれかを行います。

    Linux

    rabbitmq-plugins enable rabbitmq_management
    rabbitmqctl stop
    rabbitmqctl start

    Windows

    • [スタート] -> [すべてのプログラム] -> [RabbitMQ Server] (RabbitMQ サーバー) -> [RabbitMQ Command Prompt] (RabbitMQ コマンド プロンプト)に移動します。
    • 次のコマンドを実行します:rabbitmq-plugins enable rabbitmq_management
    • [スタート] -> [すべてのプログラム] -> [RabbitMQ Server] (RabbitMQ サーバー) -> [RabbitMQ Service - stop] (RabbitMQ サービス - 停止)を実行します。
    • [スタート] -> [すべてのプログラム] -> [RabbitMQ Server] (RabbitMQ サーバー) -> RabbitMQ Service - start] (RabbitMQ サービス - 開始)を実行します。
  5. Web ブラウザを開き、http://<server name>:15672/ に置かれた RabbitMQ Web UI に移動します。ここで、<サーバー名> は、RabbitMQ ホストのアドレスです。
  6. RabbitMQ ユーザーの資格情報を入力します。デフォルトの資格情報は次のとおりです。
    • ユーザー名:guest
    • パスワード:guest
  7. [Exchanges] (エクスチェンジ) をクリックします。
  8. [Add a new exchange] (新しいエクスチェンジの追加)
    • [名前] で、エージェント for vCloud で使用する新しいエクスチェンジの名前を指定します。たとえば、「vcdExchange」 と指定します。
    • [Type] (タイプ)で [topic] (トピック)を選択します。
    • その他の設定はすべてデフォルトのままにします。
    • [Add exchange] (エクスチェンジの追加)をクリックします。
  9. 管理者として vCloud Director にログインします。
  10. [Administration] (管理) をクリックします。
  11. [System settings] (システム設定) の下で [Extensibility] (拡張性) をクリックします。
  12. [通知] の下で、[Enable notifications] (通知の有効化) チェック ボックスをオンにします。
  13. [AMQP Broker Settings] (AMQP ブローカー設定)
    • [AMQP Host] (AMQP ホスト)で、RabbitMQ ホストの名前または IP アドレスを指定します。
    • [AMQP Port] (AMQP ポート)に 5672 と入力します。
    • [Exchange] (エクスチェンジ)で、ステップ 9で作成した新しいエクスチェンジの名前を指定します。
    • [vHost] (vHost)に「/」と入力します。
    • [Prefix] (プレフィックス)に「vcd」と入力します。
    • [User Name] (ユーザー名)に、「guest」と入力します。
    • [Password] (パスワード)に「guest」と入力します。
  14. [適用] をクリックします。

詳細情報

関連項目 Acronis Backup Advanced for vCloud

 

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
1 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.