45697: Acronis Backup :クローズドソース カーネル モジュールで Acronis ブータブル メディアをアップデートする方法

次の言語でも参照できます:

Translate to:

必要なクローズドソース カーネル モジュールで、Linux システム上の Acronis Backup & Recovery 11.5 ブータブル コンポーネント、ブータブル メディア ビルダ、およびエージェント for Linux をインストールまたはアップデートします。/usr/lib/Acronis/mkard.sh スクリプトの RHEL_PREDEF_LIST リストにモジュール名を追加し、スクリプトをルートとして実行して、ブータブル メディア ビルダを使用して、新しいブータブル メディアを構築します。

はじめに

Acronis ブータブル メディアはクローズドソース カーネル モジュールを使用するデバイス(主にネットワーク デバイスと RAID コントローラ)をサポートしていません。そのようなカーネル モジュールは、バイナリ形式でのみ配布され、特定の Linux カーネル(Red Hat、SUSE など)用にプリコンパイルされています。メディアの Linux カーネルはこれらのカーネル モジュールと互換性がありません。

この問題が発生した場合には、アクロニス サポートにお問い合わせください。アクロニス サポートでは、クローズド カーネル モジュールと、これらのモジュールと互換性のある Linux カーネルを格納するブータブル メディアを構築します。メディアに加えて、アクロニス サポートではモジュール名を提供します。

次のような場合にメディアのアップデートが必要になる可能性があります。

  • 最新のビルドでメディアが作成されていない場合 (最新のビルドにて大幅な製品の機能の改善、修正が行われている)
  • クローズドソース カーネル モジュールを使用する新しいデバイスを追加しており、メディアから起動した際に追加したデバイスをサポートさせたい場合

回避策

  1. アクロニス サポートがブータブル メディアを構築した Linux コンピュータで、次の Acronis Backup の コンポーネントをインストールまたはアップデートします。
          A: ブータブル コンポーネントおよびメディア ビルダ(AcronisBootableComponentsMediaBuilderLinux
          B: エージェント for Linux(AcronisAgentLinux
               別の Linux コンピュータへのインストールまたはアップデート
               以下を備えた他の任意の Linux システム(RHEL 6.x および CentOS 6.x 推奨)にコンポーネントをインストールまたはアップデートできます。
               A: 必要なすべてのクローズドソース カーネル モジュールがインストールされている
               B: バージョン 2.6.32 以降のカーネル
    (!) コンポーネントをアップデートする前に、ターミナルを開き、次のコマンドを実行して、古いメディア カーネルと ramdisk ファイルを削除します。
    find /usr/lib/Acronis -name \*.orig|xargs rm -f
  2. /usr/lib/Acronis/mkard.sh スクリプトを開き、RHEL_PREDEF_LIST を見つけます。
  3. アクロニス サポートによって提供されたモジュール名をリストに追加します。
    たとえば、hpahcisr を追加する必要がある場合、RHEL_PREDEF_LIST は次のようになるはずです。
    RHEL_PREDEF_LIST="cifs.ko des_generic.ko ecb.ko md4.ko hpahcisr.ko"
  4. メディアでクローズドソース カーネル モジュールを使用する新しく追加されたデバイスをサポートさせる場合、これらのモジュールの名前を RHEL_PREDEF_LIST リストに追加します。
  5. ターミナルを開き、ルートとしてスクリプトを実行します。
    /bin/bash /usr/lib/Acronis/mkard.sh
    スクリプトにより、ブータブル メディア ビルダが新しいブータブル メディアの構築に使用する新しいカーネルと ramdisk ファイルが生成されます。カーネル ファイルは、Linux カーネルの実行に基づき、ramdisk ファイルに指定されたすべてのカーネル モジュールが含まれます。ファイルのビットは、オペレーティング システムのビットによって異なります。
  6. mkard.sh の終了後、ブータブル メディア ビルダを実行し、新しいブータブル メディアを構築します。

詳細情報

この記事に関連する問題やご質問がございましたら、お気軽にアクロニス カスタマーサービスにお問い合わせください。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
3 + 4 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.