44939: アクロニス バックアップソフトウェア: VMware Tools から手動でドライバを抽出する方法

VMware Tools から手動でドライバを抽出します

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery 11.5)
  • Acronis Small Office: Cloud Server Backup Acronis Universal Restore
  • Acronis True Image 2015
  • Acronis True Image 2014 Premium
  • True Image 2013 by Acronis Plus Pack

はじめに

この資料は、Windows コンピュータから VMware Workstation にバックアップを移行中に、VMware Tools に同梱されている仮想ハードウェアドライバを抽出する手順を説明します。

この手順は、VMware Tools をインストールせずに、ドライバを抽出して仮想コンピュータに手動で追加する場合や Windows デプロイメントのテンプレートを作成する場合に必要になります。

解決法

以下の手順で、VMware Tools に同梱されているドライバを抽出します。

  1. VMware Tools ISO を仮想 CD/DVD ドライブに(例えば、D:\)に読み込みます。

    ISO ファイルの一般的なパスは、C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\windows.isoです。

  2. C: ドライブ(つまり、システムまたはデータドライブ)を参照し、「Extract」という名称のフォルダを作成します。
  3. コマンドプロンプトを開き([スタート] -> [ファイル名を指定して実行] -> 「cmd」を実行)、ディレクトリを D:\ ドライブに変更します(「cd d:\」を実行)。
  4. 次のコマンドを実行します。

    setup.exe /a /p c:\extract

  5. インストール/抽出のロケーションの入力を求められた場合は、C:\Extract(手順 2 で作成したフォルダ)を入力します。
  6. 処理が終了したら、[完了] をクリックします。
  7. C:\Extract フォルダを参照し、抽出されたドライバにアクセスします。
    (!)結果として、使用しているオペレーティングシステム用のドライバのみ展開されます。

詳細情報

こちらの記事もご参照ください:

 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
5 + 2 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.