36800: Acronis Backup Advanced 11.5: サポートされる Exchange クラスタ構成

次の言語でも参照できます:

Translate to:

Applies to:

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup Advanced 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)

説明

Acronis Backup Advanced 11.5 では次の Exchange クラスタ構成がサポートされています。

Exchange 2003 Cluster および Single Copy Cluster (SCC) for Exchange 2007

どちらの設定も、共有ストレージに基づいたフェールオーバーークラスタソリューションです。それぞれの構成で、クラスタノード間で共有されるストレージ上のストレージグループの単一のコピーが使用されます。共有されたデータに同時にアクセス(管理)することができるクラスタノードは 1 つだけです。共有データを管理中のノードをアクティブノードと呼びます。その他のノードはパッシブノードまたはスタンバイノードと呼ばれます。

Exchange Server 2007 クラスター連続レプリケーション機能 (CCR)

CCR は非共有ストレージに基づいたフェールオーバーークラスタソリューションです。この構成では、各ストレージ グループの 2 つのコピー(アクティブとパッシブ)が使用されます。各コピーはそれぞれのノードにホスティングされます。使用中のコピーはアクティブと呼ばれ、そのコピーがホスティングされているノードはアクティブノードと呼ばれます。パッシブコピーは、継続的および非同期的なログシッピング技術によって、パッシブノード上に作成され、保持されます。

Database Availability Group (DAG) for Exchange Server 2010

DAG は、高可用性とサイトの高い復元力を実現するフェールオーバーークラスタソリューションです。DAG は、Exchange 2007 の 2 つの連続レプリケーションテクノロジ(クラスター連続レプリケーションとスタンバイ連続レプリケーション)の組み合わせを使用します。DAG は、最大 16 の Exchange 2010 メールボックスサーバーからなるグループです。すべてのノードが他のノードのメールボックスデータベースコピーをホスティングできます。それぞれのノードは、パッシブおよびアクティブのデータベースコピーをホスティングすることができます。各データベースのコピーは、最大 16 個まで作成することができます。

 

 

詳細情報

Acronis Backup 11.5: New Features and Enhancements」もご参照ください。

 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
3 + 1 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.