36791: Acronis Backup & Recovery 11.5 for Microsoft Exchange Server: Windows PowerShell が Exchange Server で見つからないか、破損しています

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Microsoft Exchange 2010 SP1 にアップグレードすると Windows PowerShell が破損する可能性があります。しかし、PowerShell は、Acronis Backup & Recovery 11.5 で Microsoft Exchange 2010 を正常に動作させるために必要です。この資料に記載されている外部ソースの手順を使用して、Windows PowerShell を修復してください。それでも問題が解決しない場合は、Windows Management Framework を再インストールしてください。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 11.5 for Microsoft Exchange Server

事例

  • 次のエラーが発生します。「このコンピュータで Windows PowerShell が見つからないか破損しています。これは、Microsoft Exchange をアップグレードした結果として発生することがあります。Windows PowerShell を修復するか、再インストールしてください。詳細については、Acronis ナレッジ ベースを参照してください」
  • Acronis Backup & Recovery 11.5 エージェント for Microsoft Exchange のインストールが失敗し、Exchange Server 上で Windows PowerShell が見つからないか破損していることを示すエラーが表示されます。

原因

Microsoft Exchange ですでに問題として認識されている症状となります。Microsoft Exchange 2010 SP1 にアップグレードすると、Windows PowerShell の特定のファイルとレジストリキーが削除され、PowerShell が機能しなくなることがあります。しかし、 Microsoft Exchange 2010 で Acronis Backup & Recovery 11.5 を使用する場合、ほとんどの操作に PowerShell が必要です。

解決法

  1. Windows PowerShell のすべての必要なレジストリキーが Exchange Server 上の Windows レジストリ内にあることを確認します。詳細については、「The Windows Powershell snap-in Microsoft.Exchange.Management.Powershell.E2010 is not installed on this machine」を参照してください。
  2. Windows PowerShell の必要なファイル(ConnectFunctions.ps1RemoteExchange.ps1、および CommonConnectFunctions.ps1)および Exchange 管理シェルのショートカットが Exchange Server 上にない場合は、問題の解決方法について「Exchange Management Shell (EMS) missing after applying Exchange 2010 SP1」を参照してください。
  3. インストール中にエラーが発生した場合は、レジストリに以下のキーがあることを確認します: 

SOFTWARE\Microsoft\PowerShell\1\PowerShellSnapIns\Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.E2010
SOFTWARE\Microsoft\PowerShell\1\PowerShellSnapIns\Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.Setup
SOFTWARE\Microsoft\PowerShell\1\PowerShellSnapIns\Microsoft.Exchange.Management.Powershell.Support

このキーのいずれかがない場合、このキーを作成してください。

それから、Acronis エージェント for Exchangeのインストールを再開します。

4. バックアップまたはリカバリー中にエラーが発生した場合、操作を再開します。

詳細情報

この記事に関連する問題やご質問がございましたら、お気軽にアクロニス カスタマーサービスにお問い合わせください。