36615: Acronis Backup: Universal Restore を使用した異なるハードウェアへの復元

次の言語でも参照できます:

Translate to:

コンピュータのシステムバックアップを、異なるハードウェアの別のコンピュータに復元するには、Acronis Universal Restore を使用する必要があります。

はじめに

Acronis Universal Restore は、異なるハードウェアまたは仮想コンピュータ上でオペレーティングシステムを復元および起動するために役立つ Acronis 独自のテクノロジです。Universal Restore は、ストレージ コントローラ、マザーボード、チップセットなど、オペレーティングシステムの起動にとって重要なデバイスの相違に対応します。

Universal Restore は次のような状況で特に役に立ちます。

  1. 障害や災害が発生したシステムの異機種のハードウェア上での迅速な復元
  2. オペレーティングシステムのハードウェアに依存しないクローン作成および配置
  3. 物理コンピュータから物理コンピュータ、物理コンピュータから仮想コンピュータ、および仮想コンピュータから物理コンピュータへの移行

Acronis Universal Restore は、Windows ハードウェアアブストラクションレイヤー(HAL.dll)の変更を可能にし、大容量ストレージブートデバイスドライバをシステムにインストールするモジュールです。

同モジュールによって復元処理中にブートデバイスドライバ(ハードドライブドライバや RAID コントローラドライバなど)がシステムにインストールされ、結果的にオペレーティングシステムをそのブートデバイスから起動できるようになります。ドライバが格納されているフォルダに適切な NIC ドライバが存在している場合、Acronis Universal Restore によって NIC ドライバが復元対象のシステムにコピーされ、Windows の起動時にインストールがスケジューリングされます。

(!) ドライバのソースとして Windows\System32\drivers フォルダを使用しないでください。

(!) 他のすべてのドライバ(ビデオカードドライバ、サウンドカードドライバ、およびプラグアンドプレイドライバなど)は、Acronis Universal Restore ではインストールできません。それらのドライバは、移行が成功した後に Windows でインストールできます。

解決法

 

 

 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
4 + 2 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.