36587: Acronis Backup: Microsoft Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V はサポートされていません

次の言語でも参照できます:

Translate to:

これは既知の問題です。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)
  • Acronis Backup & Recovery 11

事例

  1. Linux 仮想コンピュータを Hyper-V 上で使用しています。
  2. Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V を Microsoft ダウンロードセンターからこのコンピュータにインストールします。
  3. Acronis エージェント for Linux を同じ仮想コンピュータにインストールします。
  4. インストールが完了した後に仮想コンピュータがフリーズします。再起動後に仮想コンピュータが起動できなくなります。

原因

Linux Integration ツールと Acronis モジュールが競合しています。

Linux Integration ツールがインストールされた状態でハードディスクの標準のドライバ(piix)が Microsoft のドライバ(hv_vmbus、hv_storvsc)に置き換えられます。結果として Acronis エージェント for Linux のハードウェア検出コードで使用されている特定の ioctls のためにシステムディスクがオフライン状態になります。

解決法

この競合は、3.3 のカーネルバージョンでは解決されています。この問題を解決するには、仮想コンピュータのシステムのカーネルをアップデートしてください。

Linux Integration サービスをインストールしないことで競合を回避することもできます。

詳細情報

Acronis Backup 11.5」もご参照ください。

 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
2 + 2 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.