25286: Acronis True Image Home 2012 Plus Pack: Acronis Universal Restore を使用した異なるハードウェアへの復元

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Acronis Universal Restore を使用すれば、異なるハードウェアが使用されているコンピュータで、ご使用のシステムのイメージを復元できます

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis True Image Home 2012 Plus Pack

Acronis True Image Home の旧バージョンを使用している場合は、それぞれ該当する記事を参照してください。

はじめに

Acronis Universal Restore は、Windows ハードウェアアブストラクションレイヤー(HAL.dll)を変更することを可能にし、大容量ストレージブートデバイスドライバをシステムにインストールするモジュールです。

同モジュールによってリカバリ処理中にブートデバイスドライバ(ハードドライブドライバや RAID コントローラドライバなど)がシステムにインストールされるので、オペレーティングシステムをそのブートデバイスから起動できるようになります。ドライバが格納されているフォルダに適切な NIC ドライバが存在している場合、Acronis Universal Restore によって NIC ドライバがリストア先のシステムにコピーされ、Windows の起動時にインストールがスケジューリングされます。

(!)他のすべてのドライバ(ビデオカードドライバ、サウンドカードドライバ、およびプラグアンドプレイドライバなど)は、Acronis Universal Restore ではインストールできません。それらのドライバは、移行が成功した後に Windows でインストールできます。

Windows XPを使用しているお客様:Microsoft社でのWindowsXPのサポートは、2014年4月8日をもって終了しており、他のハードウェア会社もWindowXPの互換性の検証を中止しています。そのため、新しいハードウェアにWindowsXPのシステムをリカバリした場合、問題が発生することが想定されます。リカバリ先の新しいハードウェアがWindowsXPと互換性があるかどうかなど、詳細につきましては、お使いのハードウェアの作成元にご確認ください。

Acronis Universal Restore は次の場合に使用できます。

  • 障害や災害が発生したシステムの異なるハードウェア上での迅速なリカバリ
  • 異なるハードウェアが使用されているコンピュータへの移行
  • システムリカバリやテストなどを目的とした、物理コンピュータから仮想コンピュータへ、および仮想コンピュータから物理コンピュータへの移行が可能になります。

解決法

オペレーティングシステムのイメージをリストアする前に、次の事項を確認してください。

  • Acronis Universal Restore を備えた Acronis ブータブルメディアが存在すること。存在しない場合、Acronis True Image Home 2012 Plus Pack をインストールしてください。「Acronis True Image Home 2012: Installation of Acronis Plus Pack」および「Acronis True Image Home 2012: Creating Acronis Bootable Media」をご参照ください。
  • Acronis True Image Home 2012 Plus Pack のインストール終了後に Acronis ブータブルメディア(標準、WinPE、または BartPE)が作成済みであること。
  • サポートされているオペレーティングシステムのバックアップが存在していること。「Acronis Universal Restore of Acronis True Image Home 2012 Plus Pack: Supported Operating Systems」をご参照ください。
  • 新しいコンピュータのマザーボードのドライバまたはチップセットドライバが存在していること。SAS、RAID、または SCSI など特定のドライブコントローラが存在する場合は、そのドライバもダウンロードする必要があります。これは、オペレーティングシステムの起動に必要なドライバです。ドライバは製品製造元の Web サイトからダウンロードできます。.exe、.cab、または .zip 形式でドライバをダウンロードした場合は、最初にドライバを取り出す必要があります。ドライバファイルの拡張子は、*.inf、*.sys、または *.oem です。

Acronis Universal Restore を使用したシステムバックアップのリストア:

  1. Acronis ブータブルメディアから起動し、[Acronis True Image Home(製品版)] を選択します。

  2. Acronis True Image Home 2012 のホーム画面で、[リカバリする] -> [ディスク] を選択します。

  3. 復元するシステムパーティションのバックアップを選択します。

    必要なバックアップがリストに表示されない場合は、[参照] をクリックしてバックアップの場所を指定し、目的のバックアップを選択します。

    (!)Acronis Universal Restore は、ノンストップバックアップでは利用できません。

  4. [ディスクまたはパーティション全体をリカバリする] および [Acronis Universal Restore を使用] を選択します。

  5. [ドライバマネージャ] 画面で、Acronis Universal Restore の新しいドライバ検索先を選択します。

    (!)システムがリストアされると Acronis Universal Restore によってレジストリにパッチがかけられ、新しいドライバがインストールされます。そのため、ドライバが存在する場所がまだ使用可能かどうかを確認してください。たとえば、バックアップの復元先にするディスクと同じディスク上にドライバの検索パスを指定しないでください。ドライバは、別の USB ディスクに保存するか、ネットワーク上で共有する形にすることをお勧めします。また、すべてのドライバ(マザーボード、チップセット、ハードディスクコントローラ)は、同じフォルダに保存することもお勧めします。

  6. オペレーティングシステムが格納されたディスク全体(MBR およびトラック 0 を含む)の復元を選択します。

  7. パーティションタイプは、[プライマリ] および [アクティブ] にする必要があります。

  8. コンピュータ内に古いハードディスクと新しいハードディスクの両方を残す場合、[ディスクシグネチャをリカバリ] チェックボックスはオフのままにしてください。新しいディスクのみを使用し、Windows Restore Point を保存する場合、このチェックボックスをオンにします。

  9. [概要] ウィンドウを確認し、[実行] をクリックして処理を開始します。

詳細情報

Acronis Universal Restore テクノロジの一般的な説明については、「Acronis Universal Restore」をご参照してください。

Acronis True Image Home 2012」もご参照ください。