23579: Acronis Backup & Recovery 11: 格納域に対するアクセス許可

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Last update: 月, 2011-10-31 05:12

集中管理用格納域のアクセス許可を設定する方法について説明します

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server: Small Business Server Edition
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Workstation
  • Acronis Backup & Recovery 11 Virtual Edition

はじめに

Acronis Backup & Recovery 11 では、格納域に対するユーザーのアクセス許可が導入されました。集中管理用格納域に対するユーザーのアクセス許可を設定し、バックアップアーカイブへのアクセスを許可したり制限したりすることができます。Windows のユーザーグループおよびセキュリティグループを使用してアクセス許可を設定することができます。

次のユーザーの種類がサポートされています。

Acronis 集中管理 格納域管理者 格納域ユーザー
集中管理用格納域の作成および管理 あり なし なし
格納域管理者および格納域ユーザーの割り当ておよび管理 あり なし なし
格納域内のすべてのアーカイブの表示および管理 あり あり なし
自分のアーカイブの表示および管理 あり あり あり

(!)コンピュータの Administrators グループに属している格納域ユーザーは、そのコンピュータから作成したすべてのアーカイブを表示および管理することができます。

ユーザーがアーカイブを管理できる場合は、このアーカイブの参照、アーカイブへのバックアップ、およびアーカイブからの復元を行うことができます。ユーザーがアーカイブにアクセスする権限を持っていない場合、ユーザーは、Acronis Backup & Recovery 11 のインターフェイスで格納域内のこのアーカイブを表示することができません。

(!)アクセス許可は格納域のメタデータに保存され、各格納域に固有です。格納域が再接続された場合、アクセス許可は保持されます。

解決法

集中管理用格納域のアクセス許可を指定するには、次の手順を実行します。

  1. [格納域の作成] 画面または [管理対象の格納域の編集] 画面で、[ユーザーアカウント] セクションに移動します。
  2. デフォルトでは、格納域管理者グループにストレージノードの Administrators グループが含まれ、格納域ユーザーグループに Everyone が含まれています。ユーザーおよびグループを追加または削除するには、目的に合わせて [格納域管理者] または [格納域ユーザー] をクリックします。

  3. [格納域管理者] または [格納域ユーザー] ウィンドウに、追加するユーザーまたはグループの名前を入力します。

  4. すべての必要なグループを追加したら、[OK] をクリックします。

詳細情報

Acronis Backup & Recovery 11」もご参照ください。