18840: Acronis Snap Deploy 3:Acronis Universal Deploy を使用した異なるハードウェアへの配置

コンピュータのイメージを、異なるハードウェア
の別のコンピュータに配置するには、Acronis Universal Deploy を使用する必要があります

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Snap Deploy 3 for PCs
  • Acronis Snap Deploy 3 for Servers

はじめに

Acronis Universal Deploy を使用すれば、コンピュータのシステムイメージを、異なるハードウェアの別のコンピュータに配置することができます。

Acronis Universal Deploy は、Windows ハードウェアアブストラクションレイヤー(HAL.dll)を変更することを可能にし、大容量ストレージブートデバイスドライバをシステムにインストールするモジュールです。

同モジュールによって復元処理中にブートデバイスドライバ(ハードドライブドライバや RAID コントローラドライバなど)がシステムにインストールされ、その結果、オペレーティングシステムをそのブートデバイスから起動できるようになります。ドライバが格納されているフォルダに適切な NIC (ネットワークインターフェイスカード)ドライバが存在している場合、Acronis Universal Deploy によって NIC ドライバが復元対象のシステムにコピーされ、Windows の起動時にインストールがスケジューリングされます。

(!)他のすべてのドライバ(ビデオカードドライバ、サウンドカードドライバ、およびプラグアンドプレイドライバなど)は、Acronis Universal Deploy によってインストールされません。これらのドライバは、配置が成功した後に Windows でインストールできます。

(!)Acronis Universal Deploy オプションは、スタンドアロンモードでは使用できません。

解決法

*一部英語版の画面を使用していることをご了承ください。

システムイメージを異なるハードウェアの新しいコンピュータに配置する前に、次の手順を実行してください。

  • 配置するシステムのマスタイメージを作成します。「Acronis Snap Deploy 3:Creating Master Image」をご参照ください。
  • マスタイメージに、サポートされているオペレーティングシステムが含まれていることを確認します。「Acronis Universal Restore」をご参照ください。
  • 新しいコンピュータのハードディスクドライブコントローラドライバまたはチップセットドライバを入手します。オペレーティングシステムの起動には、これらのドライバが不可欠です。マザーボードのドライバは、製品製造元の Web サイトからダウンロードできます。.exe、.cab、または .zip 形式でドライバをダウンロードした場合は、最初にドライバを取り出す必要があります。ドライバファイルの拡張子は、.inf、.sys、または .oem です。

Acronis Universal Deploy を使用した配置テンプレートの作成

  1. Acronis Snap Deploy インストールファイルから次のコンポーネントをインストールします。
    • Acronis ライセンスサーバー
    • Acronis Snap Deploy 管理コンソール
    • Acronis OS 配置サーバー
  2. ライセンスサーバーに Acronis Snap Deploy および Acronis Universal Deploy のライセンス(配置するオペレーティングシステムに応じて、for PCs または for Servers を選択します。「Acronis Snap Deploy 3 License Policy」を参照してください)を追加します。

  3. Acronis Snap Deploy 管理コンソールを起動し、OS 配置サーバーがインストールされているコンピュータに接続して [配置の管理] をクリックします。

  4. [テンプレート] タブをクリックし、[テンプレートの作成] をクリックします。

    配置テンプレートは、配置処理を設定するパラメータのセットです。マスタイメージへのパス、配置したシステムに適用する設定などのパラメータが含まれています。

  5. 配置テンプレートの作成ウィザードの [ようこそ] ウィンドウが表示されます。[次へ] をクリックします。
  6. 新規テンプレートを作成する場合は [新規テンプレートの作成] を、作成済みのテンプレートを変更する場合は [既存のテンプレートの使用] を選択します。

  7. マスタイメージの保存先のパスを選択し、配置するイメージを指定します。

  8. マスタイメージにディスクが複数ある場合は、配置するディスクを選択します。

    選択したディスクにパーティションが複数ある場合は、次の手順で配置するパーティションを選択します。

  9. マスタイメージを配置するディスクを選択します。


  10. 選択したディスクのパーティションが 1 つのみの場合は、ディスク全体を使用してマスタイメージを配置するか、選択したパーティションのみを配置するかを選択します。

  11. マスタシステム内の既存のアカウント以外に配置先コンピュータ上に新しいローカルユーザーアカウントを作成する場合は、[追加] をクリックしてアカウント名、アカウントグループ([Administrators]、[Power Users]、[Users] のいずれか)、およびアカウントのパスワードを指定します。

    新しいユーザーを追加しない場合は、この手順を省略して [次へ] をクリックします。

  12. 配置先コンピュータの DNS 名とドメインまたはワークグループのメンバシップを指定します。

    ワイルドカードを使用して、配置先コンピュータの名前を一意に生成することができます。ワイルドカードの使用方法の詳細については、Acronis Snap Deploy ユーザーズガイドをご参照ください。

    Acronis Snap Deploy 3:"There are clients that do not fit into specified ranges defined by templates"

    もご参照ください。

  13. 配置先コンピュータのインターネットプロトコル(IP)設定を行います。

  14. 次の手順で、[セキュリティ識別子を変更する] を選択します。このオプションを有効にすると、復元後にコンピュータのセキュリティ識別子(SID)が自動的に変更されます。

    ワークグループ内またはドメイン内に同じ SID のコンピュータがない場合は、SID をそのまま維持できます。

  15. 必要に応じて、配置後にすべての配置先コンピュータに転送するファイルを選択することができます。ファイルはネットワーク共有に存在する必要があります。ファイルを配置後に実行する場合は、[ファイルの実行] チェックボックスをオンにします。
  16. 必要に応じて、配置後にすべての配置先コンピュータ上で実行するサービスアプリケーションを、マスタシステムイメージから指定できます。
  17. [Acronis Universal Deploy を使用する] を選択します。

    Acronis Universal Deploy は、次の 3 つのドライバソースを使用します。

    • Windows のデフォルトのドライバストレージフォルダ(配置するイメージに含まれています)
    • ユーザーが指定した大容量記憶装置のドライバ
    • ドライバリポジトリ – ネットワーク共有やリムーバブルメディアのフォルダ(必要に応じてプログラムによってサブフォルダ内も検索されます)

    使用可能なドライバの中から最適なドライバが検索され、配置されたシステムにインストールされます。ただし、ユーザーが指定したドライバが最も優先されます。より適切なドライバが見つかった場合でも、警告が表示されて指定されたドライバがインストールされます。

  18. 配置先ハードウェアにハードディスク用の特定の大容量記憶装置コントローラ(SCSI、RAID、ファイバチャネルアダプタなど)が装着されている場合は、このコントローラに適切なドライバを具体的に指定します。必ずこのドライバがインストールされ、ドライバの自動検索とインストールの手順は省略されます。

  19. 次の手順では、自動検索とインストール手順で HAL およびストレージデバイスドライバを検索するドライバストレージを指定します。

  20. 必要に応じて特定の配置オプションを設定するか、[デフォルトのオプションを使用する] を選択します。
  21. テンプレートを識別しやすいように、テンプレート名とコメントを追加することができます。

  22. 概要画面で設定を確認し、[保存] をクリックします。

作成した配置テンプレートは、手動配置、イベント駆動型配置、またはスケジュール配置に使用することができます。配置タスクの詳細については、Acronis Snap Deploy のユーザーズガイドを参照してください。

詳細情報

こちらの記事もご参照ください:

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
3 + 2 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.