18789: Acronis Backup :Acronis Managed Machine サービスをローカルシステムアカウントで実行しないでください

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 木, 2016-05-26 08:55

Acronis Managed Machine サービスをローカルシステムアカウントで実行しないでください。ローカルシステムアカウントには、ネットワークにアクセスするためのアクセス許可がありません

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup 11.5
  • Acronis Backup & Recovery 11.5
  • Acronis Backup & Recovery 11
  • Acronis Backup & Recovery 10

説明

ローカルシステムアカウントを使用して Acronis Managed Machine サービスを実行しないでください。

ローカルシステムアカウントは、サービスコントロールマネージャによって使用される事前定義されたローカルアカウントです。このアカウントはローカルコンピュータ上で広範な権限を持ちますが、ネットワークアクセス権限については非常に限定的です。詳細については MSDN の記事「The LocalSystem Account(英語)」をご参照ください。

Acronis Managed Machine サービスをローカルシステムアカウントで実行すると、ネットワーク共有または割り当て済みドライブにバックアップしたときに、次のようなエラーメッセージが表示されます。

  • バックアップ計画の作成に失敗しました
  • アーカイブを作成できませんでした
  • メタデータディレクトリを開けませんでした
  • バックアップロケーションのログオン情報を設定できませんでした
  • 参照されたアカウントは現在ロックされ、ログインできません
  • ログインに失敗しました: ユーザー名が不明であるか、パスワードが正しくありません

競合を回避するため、Acronis Managed Machine サービスが正しいユーザーアカウントで実行されていることを確認してください。

 

(!)アカウントは、ローカルシステムから、サービスが最初にインストールされたアカウントにのみ変更できます。

  • たとえば、製品のインストール時に Acronis Managed Machine サービスに管理者アカウントを指定し、その後、アカウントをローカルシステムに変更した場合、ユーザーは管理者にのみ変更できます。
  • 製品のインストール時に指定したアカウント以外(サービスユーザーなど)に変更する場合は、製品を再インストールし、インストール時に新しいユーザーを指定する必要があります。インストール時に、必要なアクセス許可が指定のユーザーに対して設定されます。第 3 のユーザーにはこのような権限がないため、製品で誤った動作が発生する可能性があります。

詳細情報

ご不明点やご質問がございましたら、Acronisカスタマーセンターへお問い合わせください。

 

タグ: