18756: Acronis Backup & Recovery 10:保存先の二重化

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

[保存先の二重化] オプションを使用して、バックアップの自動コピーを作成することができます。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10(すべてのエディション)

はじめに

保存先の二重化機能を使用すれば、バックアップの第 2 のコピーを作成できます。データのコピーを 2 つ持つことによって、バックアップのセキュリティを強化することができます。また、保存先の二重化によるコピーは、自動的に第 1 のバックアップと同期化されます。

使用例

  1. 企業環境で、保存先の二重化オプションを有効化し、ラップトップコンピュータの定期的なバックアップをスケジュールします。
    • 第 1 のバックアップはローカルハードディスクに保存されます。
    • 保存先の二重化によるコピーはオフィスのリソースに保存されます。
  2. 出張でオフィスから離れたとしましょう。
  3. 出張に出かけている間、スケジュールされたバックアップが定期的に作成されます。しかし、オフィスのリソースが使用できないため、保存先の二重化によるコピーは作成されません。
  4. 出張からオフィスに戻り、最初のバックアップ処理時に、オフィスのリソース上に存在する保存先の二重化のコピーが自動的に同期化されます。
    1. また、オフィスに戻った後も、最初のバックアップが、前に設定したスケジュールと同じスケジュールで実行されます。
    2. 保存先の二重化による同期化は、自動的に実行されます。出張中(つまり、オフィスのリソースが使用できなかった期間)に作成されたすべてのバックアップが確認され、オフィスのリソース上に保存先の二重化によるコピーが作成されます。

保存先の二重化に関する制限事項

  • 保存先の二重化は、第 1 のバックアップ先がローカルフォルダまたは Acronis Secure Zone であり、第 2 のバックアップ先が別のローカルフォルダまたはネットワーク共有の場合にのみが使用できます。
  • 保存先の二重化によるコピーは自動的にベリファイされません。

解決法

*一部英語版の画面を使用していることをご了承ください。

  1. Acronis Backup & Recovery 10 を起動し、[バックアップ] をクリックします。

  2. バックアップ対象とバックアップ先を設定します。

    (!)保存先の二重化が使用できるのは、第 1 のバックアップ先がローカルフォルダまたは Acronis Secure Zone である場合のみです。

  3. [バックアップオプション] で [変更] をクリックします。

  4. [保存先の二重化] を選択します。

  5. [保存先を二重化する] ボックスをオンにして、パスを指定します。

    (!)保存先の二重化は、保存先の二重化がネットワーク共有か、第 1 のバックアップフォルダ以外のローカルフォルダである場合にのみ機能します。

  6. [OK] をクリックします。

詳細情報

Acronis True Image Home における類似のオプションについては、「Acronis True Image Home 2011:Making Reserve Copies of Backup Archives」をご参照ください。

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
11 + 4 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.