18556: Acronis Backup & Recovery 10:Acronis 管理サーバーから格納域を手動で削除するには

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

GUI を介して管理サーバーから格納域を削除するのに失敗した場合に手動で削除するためのスクリプト

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Small Business Server Edition
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Workstation 
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition

はじめに

データベースの破損などの原因で、Acronis 管理サーバーから集中管理用格納域を削除できなくなることがあります。特別なスクリプトを使用してこのような問題を解決することができます。

解決法

*一部英語版の画面を使用していることをご了承ください。

  1. Delete Locations(32 ビットおよび 64 ビット)スクリプトをダウンロードし、Acronis 管理サーバーがインストールされているコンピュータの C:\ のルートにファイルを展開します。
  2. 同じコンピュータで、各種アクロニス サービスを停止してからスクリプトを実行します。
    • [スタート] → [ファイル名を指定して実行] をクリックし、services.msc と入力します。
    • [サービス] ウィンドウで、次のサービスのそれぞれを右クリックし、[停止] をクリックします。
      • Acronis 管理サーバーサービス
      • Acronis ストレージノードサービス

  3. 同じコンピュータで、スクリプトを使用して格納域を削除します。
    • [スタート] -> [プログラムを指定して実行] をクリックして、cmd と入力します。
    • スクリプトが存在する C:\ のルートに移動します。

    • 次のコマンドを実行します。

      delete_location_by_name.bat [location-name]

      [location-name] は、削除する集中管理用格納域の名前です。

      例:

    指定した名前の格納域が存在する場合、AMS(Acronis 管理サーバー)データベースから削除され、それに応じた指示が表示されます。指定した名前の格納域が複数存在する場合、1 つ目が選択されます。

  4. Acronis ストレージノードサービスおよび Acronis 管理サーバーサービスを開始([サービス] を右クリックして、[開始] をクリックします)して、Acronis エージェントに格納域の削除を命令します。
  5. 何らかの理由により、格納域が、Acronis エージェントコンピュータ上の [集中管理用格納域] ビューに表示され続ける場合、Acronis 管理サーバーに登録されているすべての Acronis エージェントの終了時にスクリプトによって出力される delete_location_by_id.bat コマンドを実行します。

    詳細については、パッケージ内の README ファイルもご参照ください。

詳細情報

こちらの記事もご参照ください:

タグ: