17114: 「NTLDR is missing」というエラーメッセージが表示され、Windows が起動しません

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Last update: 金, 2010-12-24 10:49

Acronis True Image による復元後に Windows で「NTLDR is missing」というエラーが発生した場合に、システムを起動可能にする手順を説明します

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Windows 2000
  • Windows 2000 Server
  • Windows Server 2003
  • Windows XP

    (!) Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 に、NTLDR は存在しません。

事例

  1. Acronis True Image を使用して、オペレーティングシステムのイメージを別のハードディスクドライブまたはパーティションに復元します。
  2. 復元後に、次のエラーメッセージが表示され、Windows が起動しません。

    NTLDR is missing

原因

  • NTLDR ファイルまたは Ntdetect.com ファイルがアクティブパーティションに存在しません。
    • NTLDR は、Windows 2000、Windows 2000 Server、Windows XP、および Windows Server 2003 を含むすべての Windows NT オペレーティングシステムのブートローダーです
    • Ntdetect.com はオペレーティングシステムの起動に必要なハードウェアを検出します
  • Boot.ini ファイルが破損しているか、間違ったパーティションを指しています

解決法

NTLDR ファイルまたは Ntdetect.com ファイルがアクティブパーティションに存在しません

  1. Windows インストール CD からコンピュータを起動します。

    (!) コンピュータを CD から起動できるようにシステム BIOS で起動順序を変更する必要があります。

  2. [セットアップへようこそ] 画面で R キーを押し、回復コンソールを使用して Windows インストールを修復します。
  3. 修復する Windows インストールに対応する番号を入力し、Enter キーを押します。たとえば 1 と入力し、Enter キーを押します。
  4. 管理者パスワードを入力して、Enter キーを押します。
  5. 次のコマンドを入力します: cd ..
    dir /p
  6. NTLDR ファイルと Ntdetect.com ファイルが、ドライブのルートに表示されているか確認します。ファイルが存在する場合は、「Boot.ini ファイルが破損しているか、間違ったパーティションを指しています」の項目に進みます。ファイルが存在しない場合は、次の手順に進みます。
  7. map と入力し、Enter キーを押します。
  8. Windows CD が挿入されている CD/DVD-ROM ドライブのドライブ文字を確認します。
  9. 次のコマンドを入力します: copy [drive]:\i386\ntldr [letter]:\
    copy [drive]:\i386\ntdetect.com [letter]:\

    ここで [drive] は、CD/DVD-ROM ドライブのドライブ文字、[letter] は Windows がインストールされているドライブのドライブ文字を示します。

    2 つのコマンドをそれぞれ実行した後に、Enter キーを押します。

    ファイルの上書きが求められたら y を入力し、Enter キーを押します。

  10. コンピュータを再起動します。

これで、Windows が起動可能な状態になります。起動できない場合は、「Boot.ini ファイルが破損しているか、間違ったパーティションを指しています」の項目に進みます。

Boot.ini ファイルが破損しているか、間違ったパーティションを指しています

  1. Windows インストール CD からコンピュータを起動します。

    (!) コンピュータを CD から起動できるようにシステム BIOS で起動順序を変更する必要があります。

  2. [セットアップへようこそ] 画面で R キーを押し、回復コンソールを使用して Windows インストールを修復します。
  3. 管理者パスワードを入力して、Enter キーを押します。
  4. 次のコマンドを実行します。

    Bootcfg /rebuild

    このコマンドによって既存の Windows インストールが検索され、boot.ini に必要な文字列が追加されます。

  5. 「読み込み識別子を入力してください」と表示されたら、検索されたオペレーティングシステムの名前を入力します。
  6. OS ロードオプションが要求されたら、fastdetect と入力して、Enter キーを押します。
  7. コンピュータを再起動してブートメニューから追加したオペレーションシステムを選択します。

これで、Windows が起動可能な状態になります。

詳細情報

マイクロソフトサポート技術情報の記事 289002 で説明されているように、Windows を使用して boot.ini ファイルを手動で編集することもできます。

タグ: