16980: Acronis True Image Echo Workstation

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Acronis True Image Echo Workstation は、優れた柔軟性と価値をローカルコンピュータおよびネットワーク上のコンピュータのいずれにももたらし、物理環境と仮想環境の両方で災害復旧とシステムの移行に対応します。

説明

Acronis True Image Echo Workstation では次のことが可能です。

  • オペレーティングシステム、アプリケーション、および設定などの正確なディスクイメージの作成
  • ミッションクリティカルなデータベースのバックアップ
  • バーチャルコンピュータと仮想コンピュータ間での、迅速で容易なシステムの移行

Acronis True Image Echo Workstation を利用すれば、システムが異常終了した後でも、システムの完全復元、ベアメタルコンピュータ(OS がインストールされていないコンピュータ)の復元、または個々のファイルおよびフォルダのみの復元を数分で実行できます。システムの完全復元は既存のシステム、異なるハードウェアが搭載された新しいシステム、または仮想コンピュータに対して実行できます。

Acronis True Image Echo Workstation には、次のコンポーネントが搭載されています。

  1. Acronis True Image 管理コンソール: アクロニス コンポーネントにリモートでアクセスするためのツールです。管理者は Acronis True Image 管理コンソールを使用して、リモートコンピュータからコンポーネントのインストールや設定および管理を実行できます。
  2. Acronis True Image エージェント: クライアントコンピュータに常駐して、データのバックアップや復元などのアクロニス製品の処理を実行するアプリケーションです。
  3. Acronis グループサーバー: グループのバックアップタスクのスケジュールを作成、監視、および管理する管理ツールです。
  4. Acronis バックアップサーバー: バックアップアーカイブの集中管理と保存を行うアプリケーションです。
  5. Acronis True Image Echo Workstation(ローカルバージョン): ローカルで制御される管理ツールです。バックアップおよび復元処理の他に、アーカイブの参照、仮想ドライブとしてのイメージのマウント、ハードディスクデータのクローン作成、ダイナミックボリュームの作成、コマンドラインモード、およびスクリプトの実行もサポートします。
  6. Acronis Universal Restore: Acronis True Image Echo Workstation の別売りアドオンです。異なるハードウェア上に復元されたシステムで Windows ドライバを自動的に設定します。
  7. Acronis ブータブルメディアビルダ: ブータブルメディア、ブータブルメディアの ISO イメージ、または RIS(リモートインストールサービス)パッケージを作成して、ベアメタル、Winodws 以外の OS、または破損したオペレーティングシステムのデータを復元します。

Acronis True Image Echo Workstation では、極めて深刻なシステム障害の発生後であっても、さまざまなツールを使用してデータとシステムパーティションを復元できます。以下のことが実行可能です。

  • 業界標準のパスワード暗号化: 最大 256 ビットのさまざまなレベルの暗号化を使用して、イメージをパスワード保護することができます
  • マルチボリュームスナップショット: ボリュームに分散しているデータベースなど、複数のボリュームに存在しているデータをバックアップできます
  • イメージファイルの VMDK または VHD への変換による迅速な仮想化: VVMware、Microsoft、SWsoft、および Parallels の提供する主要な仮想化オペレーティングシステムをサポートします
  • ダイナミックディスク対応: 操作するテクニカルツールを拡張します
  • 復元後の自動再起動: 自動再起動オプションを有効にすると、イメージが復元された後にコンピュータが再起動されます
  • Wake on LAN: リモートコンピュータの電源をオンにして、そのコンピュータ上でバックアップタスクを実行します
  • 1 日を通して複数の増分バックアップを実行: バックアップの実行回数を増やすことによって、より柔軟にバックアップ手段の精度を高めることができます
  • 定期的にバックアップをベリファイするスケジュールの作成: 破損したバックアップが使用されないように、バックアップイメージが完全な状態であることを常に確認します
  • 既存のスケジュールのクローン作成: 一度スケジュールした設定は、忘れても問題ありません。スケジュールのクローンを作成すれば、設定時間を短縮して、生産性を向上することができます
  • DVD への書き込み: サードパーティ(他社製)の DVD 書き込みソフトウェアを使用することなく、バックアップを DVD に直接保存します
  • Acronis ブータブルエージェントによる遠隔自動復元: 1 つの場所からネットワーク上のすべてのシステムを一元的に復元します
  • イメージの変更: 読み取り/書き込みモードでイメージをマウントし、変更内容を直接適用します
  • Acronis アクティブリストアを使用したイメージからの起動: 復元作業中もシステムが使用可能なので、ダウンタイムが短縮されます
  • 64 ビット版 Windows 対応: 最新のシステムと旧来のシステムの両方に対して同じアプリケーションを使用できます
  • 対応するデータベースの拡張: Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Server、および Oracle などのミッションクリティカルなデータベースを持つサーバーをオンラインでバックアップします
  • イメージの自動検証: イメージの復元時の使用可能性を検証することで、バックアップの有用性が確信できます
  • 差分バックアップ: 管理するバックアップの数を削減します
  • ファイルバックアップ: 選択したファイルおよびフォルダをバックアップすることで、システムを柔軟に保護できます
  • バックアップからのファイルの除外: 業務用データのみを保存し、ストレージアーカイブ内の領域を節約します
  • Windows イベントログと SNMP(シンプルネットワークマネージメントプロトコル)への対応: 既存のネットワーク監視アプリケーションにアクセスできます
  • バックアップの前後にカスタムスクリプトを実行: 全社的なバックアップポリシーの準拠を支援します
  • ハードディスクの書き込み速度およびネットワークの帯域幅使用量の調整: 基幹業務への影響を最小限に抑えられます
  • ブータブルイメージ、PXE パッケージ、およびブータブルメディアの ISO が格納された CD の作成: この CD 以外のリカバリメディアは不要なので、柔軟にアプリケーションを管理できます
  • FTP サーバーへのバックアップ: バックアップアーカイブの選択肢を広げます
  • Acronis セキュアゾーン: バックアップイメージを専用のパーティションに保存します。このパーティションは、オペレーティングシステムからは隠され、ローカルの完全復元に使用されます。データを保護するために追加のハードドライブ、CD または DVD を購入する必要はありません。Acronis セキュアゾーンは、ポータブルコンピュータに特に適しています。
  • Acronis スタートアップリカバリマネージャ: F11 キーを押して復元を開始します。オペレーティングシステムが削除されても、Acronis リカバリマネージャを使用すればコンピュータを起動できます。

詳細情報

Acronis Backup & Recovery 10」もご参照ください。

タグ: