16975: Acronis Disk Director の再起動後に変更を実行できません

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Acronis Disk Director は、Windows のネイティブモードで再起動して保留中の変更内容を実行しますが、エラーが発生して失敗するか、変更が行われずに処理が完了します

この資料は、以下の製品に該当します。

事例

ケース 1

  1. ハードディスクドライブのパーティションを操作するため、Windows で Acronis Disk Director を実行します。
  2. Acronis Disk Director を Windows ネイティブモードで再起動して変更を適用します。
  3. 処理は正常に終了しますが、再度 Windows で起動すると、パーティションが変更されていません。

ケース 2

  1. ハードディスクドライブのパーティションを操作するため、Windows で Acronis Disk Director を実行します。
  2. Acronis Disk Director を Windows ネイティブモードで再起動して変更を適用します。
  3. 次のエラーメッセージが表示され操作が失敗します。
  4. 操作は完了しましたが、エラーが発生しました。

  5. Windows で再起動すると、パーティションが変更されていません。

原因

操作中に何らかの USB ストレージデバイス(USB ハードドライブ、カードリーダーなど)がコンピュータに接続されました。

解決法

接続されているすべての USB ストレージデバイスを一時的に取り外します。USB ストレージデバイスを取り外したまま操作を実行します。

カードリーダーが内蔵されている場合は、Windows デバイスマネージャで無効にします。

  1. Win + R キーを押し、コマンドプロンプトを表示します。
  2. devmgmt.msc と入力して Enter キーを押します。
  3. デバイスマネージャウインドウでカードリーダーを確認します(通常、SD、MMC などから始まります)。
  4. カードリーダーを右クリックし、[無効] を選択します。

また、別の方法として Acronis ブータブルレスキューメディアから同じ操作を実行することもできます。

詳細情報

Acronis Product Fails to Clone or Restore After Reboot」もご参照ください。

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
4 + 13 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.