16590: Acronis Recovery for Microsoft Exchange のインストール

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Last update: 木, 2010-12-09 05:21

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Recovery for Microsoft Exchange
  • Acronis Recovery for Microsoft Exchange SBS Edition

はじめに

Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントはローカルでもリモートでもインストールできます。Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントをデータベースサーバーにリモートでインストールするには、最初に、Acronis Recovery for MS Exchange 管理コンソールをローカルのコンピュータにインストールする必要があります。

(!)Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントをインストールすると、新しいレジストリキーが作成されます。Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントを過去にインストールしている場合、製品を正しく機能させるため、次のレジストリを削除してから Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントをコンピュータに再インストールしてください。

  • 32 ビット版:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Acronis\RecoveryMicrosoftExchangeAgent
  • 64 ビット版:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Acronis\RecoveryMicrosoftExchangeAgent

解決法

最初に、Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールをインストールします。このコンポーネントでは、一元的にリモートの Exchange サーバーにあるデータのバックアップ管理および復元を実行できます。

Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールは、Exchange サーバーに直接インストールすることも、バックアップを管理するリモートコンピュータにインストールすることもできます。「Operating Systems Acronis Recovery for Microsoft Exchange Supports」をご参照ください。

(!)Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールのインストールには、ライセンスは不要です。

Acronis Recovery for Microsoft Exchange エージェントは、Microsoft Exchange データベースをバックアップおよび復元するコンピュータにインストールしてください。このコンポーネントはローカルでもリモートでもインストールできます。


詳細情報

こちらの記事もご参照ください:

タグ: