16547: Acronis 製品:SNMP のサポート

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Acronisプロダクトはトラップ処理のみサポートします

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 11.5
  • Acronis Backup & Recovery 11
  • Acronis Backup & Recovery 10
  • Acronis vmProtect 6
  • Acronis vmProtect 7
  • Acronis vmProtect 8
  • Acronis vmProtect 9
  • Acronis Backup for VMware
  • Acronis Backup Advanced for VMware
    現在、Acronis Backup 12/12.5 は SNMP をサポートしません。この製品の今後のバージョンに SNMP サポートを導入する予定です。

    説明

    SNMP オブジェクト

    上記リストのAcronisプロダクトでは以下の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)オブジェクトが SNMP 管理アプリケーションに提供されます。

    • イベントの種類
      オブジェクト識別子(OID): 1.3.6.1.4.1.24769.100.200.1.0
      構文: OctetString
      値は、「Information(情報)」、「Warning(警告)」、「Error(エラー)」、「Unknown(不明)」のいずれかです。「Unknown(不明)」はテストメッセージの場合にのみ送信されます。

       

    • イベントの説明テキスト
      オブジェクト識別子(OID): 1.3.6.1.4.1.24769.100.200.2.0
      構文: OctetString
      値には、イベントの説明テキストが含まれます(Acronisプロダクトのログに記録されるメッセージと同様のものです)。

       

    varbind 値の例:

    1.3.6.1.4.1.24769.100.200.1.0:Information

    1.3.6.1.4.1.24769.100.200.2.0:I0064000B

    サポートされる操作

    Acronisプロダクトでサポートされるのはトラップ処理のみです。GET- および SET- 要求を使用して Acronisプロダクトを管理することはできません。つまり、トラップメッセージを受信するには、SNMP トラップレシーバを使用する必要があります。

    詳細情報

    Acronis MIB ファイルをダウンロードしてください

     Acronis Backup & Recovery 11/11.5およびAcronis Backup Advanced for VMwareでは、MIBファイル(acronis-abr.mib)はインストールディレクトリにあります。デフォルトディレクトリはWindows:(%ProgramFiles%\Acronis\BackupAndRecovery) Linux:( /usr/lib/Acronis/BackupAndRecovery)です。

    Acronis vmProtect および Acronis Backup for VMwareではMIBファイルはローカルには存在しません。

    MIBファイルを参照する場合にはMIBブラウザまたはNotepaあるいはviのようなエディタを使用します。

    SNMP通知設定をする場合には、テストメッセージを送信して設定確認を行うことができます。

    テストメッセージのパラメータは、次のようになります。

    • イベントの種類
      OID: 1.3.6.1.4.1.24769.100.200.1.0
      値:「Unknown(不明)」

       

    • イベントの説明テキスト
      OID: 1.3.6.1.4.1.24769.100.200.2.0
      値: "?00000000"

    タグ: