16422: Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition: IP アドレスの変更後に仮想アプライアンスへの接続が失敗します

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

ESX IP アドレスの変更後、Acronis エージェントfor ESX/ESXi(仮想アプライアンス)に接続できません。その結果、スケジュールされた仮想アプライアンスのバックアップタスクも失敗します

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition

事例

  1. VMware ESX サーバーに Acronis エージェント for ESX/ESXi(仮想アプライアンス)がインストールされています。
  2. Acronis 仮想アプライアンスの IP アドレスが変更されます。
  3. IP の変更後に Acronis 仮想アプライアンスへの接続が失敗します。スケジュールされた個々の仮想コンピュータのバックアップも失敗する場合があります。仮想コンピュータがすべてグレー表示されます。

原因

製品に問題があります。Acronis 管理サーバーによって Acronis 仮想アプライアンスに関するネットワーク情報が更新されていません。

解決法

この問題は解決されています。製品の最新のビルドで修正済みです。「Installation of the latest update of an Acronis product」をご参照ください。最新ビルドでは、IP アドレスの変更後に Acronis 管理サーバーがネットワーク情報を自動的に更新し、Acronis 仮想アプライアンスに接続します。所要時間は 15~20 分です。

最新ビルドをダウンロードしないでこの問題を回避するには、Acronis 管理サーバーから Acronis エージェント for ESX/ESXi を削除してから、新しい IP アドレスを使用して再度追加します。

詳細情報

この問題は修正済みです。

タグ: