16421: Acronis Backup & Recovery 10: バックアップソースフォルダが削除されている場合、ファイルバックアップは「指定したファイルは存在しません。」というメッセージが表示され失敗します

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

修正済みの問題

この資料は、以下の製品に該当します。

事例

  1. 複数のフォルダをバックアップするファイルバックアップタスクを作成します。
  2. 次に、バックアップ対象として設定されたフォルダの 1 つを削除します。
  3. 次のようなエラーメッセージが表示され、バックアップタスクが失敗します。

    種類:エラー

    日付と時刻:3/3/2010 6:14:32 AM

    バックアップ計画:data_backup

    タスク:完全バックアップ(「後で 1 回だけ」スキーム)

    コード:11,863,304(0xB50508)

    モジュール: 181

    所有者:Administrator@ABR

    メッセージ:

    タスク「完全バックアップ(「後で 1 回だけ」スキーム)」が失敗しました:指定したファイルは存在しません。

    追加情報:

    --------------------

    エラー コード: 17

    モジュール: 4

    行情報:f35f747b3b21fb14

    フィールド:function :(関数:)FindFirstFileW、ファイル名:C:\Folder1\Folder2, $module :C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.exe

    メッセージ:指定したファイルは存在しません。

    --------------------

    エラー コード: 65520

    モジュール: 0

    行情報:bd28fdbd64edb8bc

    フィールド:コード: 2147942402

    メッセージ:指定されたファイルがシステムで見つかりません

サンプルシナリオ

  1. 次のフォルダ構造を持つパーティションが存在します。

    \FolderA\Folder1\files

                 \Folder2\files

                 \Folder3\files

    \FolderB\Folder4\files

                 \Folder5\files

  2. Folder1、Folder2、および FolderB 全体をバックアップするファイルバックアップタスクを作成します。
  3. パーティションから Folder2 を削除します。
  4. ファイルバックアップタスクを実行すると、「指定したファイルは存在しません」というエラーメッセージが表示されタスクが失敗します。原因は、Folder2 がバックアップ対象となっているバックアップソースフォルダの 1 つとなっているからです。
  5. ただし、FolderB 内のサブフォルダ(Folder4 など)は、バックアップソースフォルダのサブフォルダにすぎないので、削除してもタスクは正常に実行されます。

原因

これは製品の設計に基づいた動作です。バックアップ対象として設定されているバックアップソースフォルダの 1 つが削除されている場合、ファイルバックアップタスクは失敗します。

ただし、(直接バックアップの対象として選択されていない)サブフォルダの 1 つが削除されていても、バックアップタスクは失敗しません。

解決法

(!)この問題はすでに修正されており、本製品の最新ビルドで利用できます。「Installation of the latest update of an Acronis product」をご参照ください。

最新ビルドをインストールしないでこの問題を回避するには、バックアップタスクを再作成してください。

詳細情報

この問題は修正済みです。

タグ: