16270: Windows Server 2008 R2 および Windows 7 での Acronis Backup & Recovery 10 のテープサポート

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 にはリムーバブル記憶域マネージャ(RSM)はありません。Acronis ストレージノードは、RSM を介してテープドライブにアクセスするので、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 ではテープドライブをサポートしません。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server
  • Acronis Backup & Recovery 10 Server for Windows(スタンドアロン)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Small Business Server Edition
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Workstation
  • Acronis Backup & Recovery 10 Workstation(スタンドアロン)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition

説明

Acronis エージェントは直接テープにアクセスします。Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を使用するコンピュータにテープドライブが接続されている場合、テープドライブにバックアップを保存したりテープドライブから復元したりすることができます。

Acronis ストレージノードは、Windows リムーバブル記憶域マネージャ(RSM)を介してテープにアクセスします。RSM は Windows Server 2008 R2 および Windows 7 では使用できないので、Acronis ストレージノードは、これらのオペレーティングシステムではテープをサポートしません。つまり、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を使用するコンピュータに接続されたテープ上に集中管理対象の格納域を作成することはできません。

詳細情報

リムーバブル記憶域マネージャに関する MSDN の記事も参照してください。

こちらの記事もご参照ください:

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
2 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.