16230: Acronis Recovery for Microsoft Exchange Agent への接続

Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールから Microsoft Exchange Server 上の Acronis エージェントに正しい接続を確立する方法

この資料は、以下の製品に該当します。

はじめに

この記事では、Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールから Microsoft Exchange Server 上の Acronis Agent に正しい接続を確立するうえで必須となる 4 つのポイントについて説明します。

解決法

*一部英語版の画面を使用していることをご了承願います。

  1. 接続する Microsoft Exchange Server の完全修飾ドメイン名を指定します。

  2. ユーザー名を Domain\Username の形で指定します。

  3. 指定するユーザーは、Active Directory 内の次の 6 つのグループのメンバである必要があります。

    • Administrators
    • Domain Users
    • Domain Admins
    • Enterprise Admins
    • Exchange Domain Servers
    • Exchange Enterprise Servers

    (!)ユーザーが上に示したグループのメンバであるかどうかを確認するには、次の手順に従います。

    1. [スタート] -> [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. dsa.msc と入力して、[OK] をクリックします。
    3. ユーザーを右クリックして、[プロパティ] を選択します。
    4. [所属するグループ] タブを選択します。
  4. 指定されたユーザーは、Microsoft Exchange Server にメールボックスを持っている必要があります。メールボックスには、少なくとも 1 件の電子メールが存在している必要があります。メールボックスを、Microsoft Exchange Server のアドレス一覧で非表示にしないでください。メールボックスを右クリックして、プロパティを確認することで、アドレス表示のオプションにアクセスできます。

  5. Firewall settings for Acronis products」の手順に従ってファイアウォールの設定を確認します。

詳細情報

Acronis Recovery for Microsoft Exchange Errors Out with "Exchange mailbox role does not exist or is disabled"」もご参照ください。

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
2 + 12 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.