14983: Acronis Backup & Recovery 10:バックアップの前後に実行するコマンドの失敗

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Operating Systems: 

これは製品の問題です。

この資料は、以下の製品に該当します。

事例

  1. Acronis Backup & Recovery 10 のバックアップオプションで [コマンドの実行に失敗した場合、バックアップ タスクを失敗させる] および [コマンドの実行が完了するまでバックアップを行わない] オプションをオフにして [処理の前後に実行するコマンド] または [データ取り込みの前後に実行するコマンド] を設定している。

  2. [コマンドのテスト] をクリックすると、コマンドが正常に実行される。
  3. バックアップタスクを実行する。
  4. 処理のログでコマンドが正常に実行されたことがレポートされる。しかし、コマンドは実行されておらず、エラーメッセージも表示されない。

原因

この問題は、修正済みであり、Acronis Backup & Recovery 10 の最新ビルドで修正機能を利用できます。「Installation of the latest update of an Acronis product」を参照してください。

こちらの記事もご参照ください:

解決法

[コマンドの実行に失敗した場合、バックアップ タスクを失敗させる] および [コマンドの実行が完了するまでバックアップを行わない] オプションをオンにします。

詳細情報

(!) バッチファイルを使用している場合は、コマンドを必ず引用符で囲んで、[コマンド] フィールドに直接入力します。

前述のオプションをオンにしても引き続きコマンドが失敗する場合は、次の手順を実行してください。

  1. 単純なバッチファイルを作成します。たとえば、次のような内容にします。

    ping google.com > c:\googlepingBeforecommand.txt

  2. バックアップタスクを実行し、googlepingBeforecommand.txt ファイルが C:\ のルートに作成されたかどうかを確認します。
  3. この記事を参照しながら、アクロニス カスタマーサービスに結果をお知らせください。

タグ: