14977: Acronis Backup & Recovery 10 エージェント for Linux の手動アンインストール

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Operating Systems: 

Last update: 月, 2010-12-27 16:42

Acronis Backup & Recovery とそのコンポーネント、関連するファイルとフォルダを Linux から削除する

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server(エージェント for Linux)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Server for Linux(スタンドアロン版)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition(エージェント for Linux)

はじめに

Linux から製品を自動的にアンインストールするには、次のスクリプトを起動します。

#/usr/lib/Acronis/BackupAndRecovery/uninstall/uninstall

何らかの理由でスクリプトが動作しない場合は、次の説明に従って製品を手動でアンインストールしてください。

解決法

  1. Acronis セキュアゾーンがある場合は、削除します。詳細については、「Removing Acronis Secure Zone」を参照してください。
  2. dkms からすべてのモジュールを削除します。たとえば、次のようになります。

    # dkms status
    snapapi26, 0.7.46, 2.6.9-1.667, i686: installed
    # dkms remove -m snapapi26 -v 0.7.46 --all

    (!) 2.4 カーネルを実行している場合、モジュール名は snapapi26 ではなく snapapi になります。

  3. すべての Acronis RPM を削除します(パッケージが存在しない旨のメッセージはすべて無視してください)。

    # rpm -e --allmatches --nodeps AcronisAgentLinux
    # rpm -e --allmatches --nodeps acronis-glibc
    # rpm -e --allmatches --nodeps dkms
    # rpm -e --allmatches --nodeps BackupAndRecoveryAgent
    # rpm -e --allmatches --nodeps snapapi26_modules
    # rpm -e --allmatches --nodeps BackupAndRecoveryBootableComponents
    # rpm -e --allmatches --nodeps AcronisUpgradeTool
    # rpm -e --allmatches --nodeps ManagementConsole

    (!) 2.4 カーネルでは、snapapi26_modules の代わりに snapapi_modules を使用します。

    (!)dkmsが他のパッケージで使用されている場合、dkmsの削除は行わないでください。

  4. アクロニス ソフトウェアに関連するすべてのファイルとフォルダを削除します。

    # rm -Rf /etc/Acronis
    # rm -Rf /var/lib/Acronis
    # rm -Rf /usr/lib/Acronis
    # rm -Rf ~/.Acronis
    # rm -Rf /usr/src/snapapi*

詳細情報

こちらの記事もご参照ください。「Acronis Backup & Recovery 10 Cleanup Utility

タグ: